性格は直らないと思う

私に仕事を下さるかたは大体次の2項に
当てはまります。

・人の話をよく聞かない
・説明書を読まない(もしくは理解しようと言う気がない)

昨日、メンテナンスのため金曜日の夜と日曜日の
一定の時間内でメールサーバが利用できなくなると
社内に通達を出しました。
大方の人はわかってくれたようなのですが
早速本日問い合わせの電話がありました。

「どのくらい使えないの」

通達には2時間程度と案内しましたが、実際の作業は
それ程かかりません。
ですが、作業の進み具合によっては開始時間のずれ等も
ありますので一応2時間ぐらいを目処にお願いします。

「はっきりした時間がわかったら教えて」

えーと・・・ですから日時は通達に記載しましたが・・・?

「開始時間がずれるかもしれないんでしょう?
 土曜日に仕事したいんだよね」

・・・通達に金曜日の18時からと日曜日の12時から2時間程度と
案内させて頂いていますが

「あ、じゃあ土曜日は関係ないんだね」

そうですね(苦笑)


良く読めば問題ないことがわかりそうなものなのですが
自分の親より年上の方にそういったことは言いにくいもので
言ったところでその年までそう生きてきた方の性格は
果たして直るものなんでしょうかねぇー。

 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

海のはなし
2009年05月06日 20:14
社内通達はワープロ文字でご年配の方にはその文字すら拒否反応があるのでは?
1度、rurinさんが毛筆で、しかも草書体で書いて渡してみてはいかがでしょう?
あんがいすんなりと理解してくれるかもね・笑
rurin
2009年05月07日 21:32
その場合、書き出しはやはり時候の挨拶から入るべきでしょうかね。
拝啓?急啓?やはり日本語は難しいです。
ここは一つ、海のはなしさんにお手本を一筆お願い致します<(_ _)>

この記事へのトラックバック